11/25 20:00 「VIPでテキストサイトやろうぜ」より、第七十六回 共通テーマ「お財布」

 

■お財布遍歴

 中学を卒業するまでは小銭入れに少量の金額だけ投入して持ち歩いていました。いかにも主婦が使っていそうな手のひらサイズのあれです。1000円札すら使う場面がなかったので、長方形や折りたためるタイプのお財布は持っていませんでした。子供のころは外でボール遊びばかりやっていましたので、お金を使うとしても自販機か駄菓子屋くらいのものでした。たまに飲食店や映画など少々必要な場面があっても、お札を折りたたんで押し込めばいいやと、特に不便は感じていませんでした。お財布にお札が入っているのは長くても数時間程度といったところです。

 しかし、高校に入学してからはそうもいかなくなります。都会の近くまで通うことになりましたから、必然的に付き合いでお金が必要になります。ゲーセン、カラオケ、フード店……。多くても100円玉を10枚入れてるだけの私は流石に悲鳴を上げるってもので、まずバイトを始め、応急処置的に1000円で買える正方形の折り畳みタイプのお財布を入手。この形は非常に便利で、お札だけでなくポイントカードのあれこれが同時に収納可能。まさに文明が大きく進歩した瞬間です。

 それから暫くして大学に入学。また部活にも入り、ふと先輩が使っている長財布を見て衝撃を受けます。え、長財布かっこよくね。使ってる人は別にかっこよくないのに(超失礼)。決して派手ではなく黒っぽい抑えめの色、そして小銭やお札が殆ど入っておらず、本当に必要なものだけが収められた、まるでカードのような薄さの長財布。たった一つのお財布によってその所有者をより良く見せる。なんなんでしょうね、あの力……。その長財布めっちゃ良いですね。私も似たようなものが欲しい。いくらしました? えっ。ウン万円!? 入れるお金が無くなっちゃうよ! お財布がかっこよくても中身が空だと普通にダサいよ! けれども一度湧き上がった長財布持ちたい欲に抗えず、後日おしゃれなお店をぐるぐる回って似たような感じのを購入。高校生の時に買ったお財布のおよそ10倍のお値段。しかしここで違和感が。このお財布を持つ私はなんかそんなにかっこよくない。お財布はかっこいいのになぜだ。あっ、服がダサい。あっ、髪型も適当。そうして私は身の回りに気を遣う意識を持てるようになっていきました。お財布はその人自身の今を表し、人生そのものに少なからず影響を与えるものなのかもしれませんね。

カテゴリー TEXT